<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

◆10月28日(土) 19時~21時 城西公民館


西澤先生のご指導の3回め。やはり、先生にいらしていただくと、
練習の密度と楽しさが違いますね。

あっという間に時間がたち、本当にいい時間を過ごしたなあという
気持ちにさせていただけるので、感謝の気持ちでいっぱいです。

今週も「白いうた青いうた」に向けて練習を重ねます。

しろあおは、歌のうまさを競うというものではなく、どういう風に
それぞれが工夫して曲を楽しむかがポイントで、新実先生は
そこの工夫を評価されるようです。

鎌倉などではおじいさんから子供まで1000人くらいが参加して
歌うのだとか聞きましたが、そうして年代を超えた人たちが共に
平成の唱歌を歌うことも、このフェスティバルの目的のようです。

たしか、昨年の女子高はお母さんたち世代も参加して一緒に
歌ったた気がしますし、小さな小さな子供を参加させている
団体もありました。世代を超えて、という意味では、高校生から
60代までいるフリューゲルはいいのではないかと思いますが、
主旨的にはもっと小さいお子さんも入るとよいのではないかと
思ったりしてみます。お子さんを連れて参加していただけると、
いいのですけれども?

それはさておき、練習では「小さな法螺」を歌うときは、
西澤先生の提案で酔っ払いがホラを吹いてる
感じを精一杯表現しようじゃないかということになりました。

もっちろん!! 振り付けは西澤先生のお得意です。

楽譜は見ないでこれだけはやりこなさなければ…。
右だの左だのこぶしを上げるだの、かなりパラパラになりそう
ですが、酔っ払いと思えば…ねえ?(笑)

練習終了後、女声コーラス経験者のK園さんがすごくユニークで
おもしろいと、感想をおっしゃっていました。
「女声合唱でこれだけ大きな声を出すように言われたことは
なかったし、身体を動かしてはいけないものだと思っていた」と。

そう、フリューゲルの楽しいところは、表現力を学ぶところ。

西澤先生の「伝える心」を持って歌を歌えば、少ない人数でも、
きっと、聞いた方たちの心に残る歌になるのだと、
確信しております。…え? 伴ってない? 修業しまーす。

練習曲/「白いうた 青いうた」から 「ぶどう摘み」
「ちいさな法螺」「なぎさ道」(新実徳英作曲 谷川雁作詞)

参加者
sp  Kひろみちゃん JUNKOさん SHIMAさん H原さん AZU&HAZU 
alt  副団長 KCoさん K園さん ru   
ten YUさん Tマネ
bas M竹さん N田さん

指揮・指導 西澤先生 ピアノ N村さん
[PR]
by flugelchor | 2006-10-28 23:14 | 日々の練習日記

◆10月21日(土) 19時~21時 城西公民館

先週に引き続き、西澤先生のご指導でした。

先生のご指導が入ると、練習にピンと張り詰めたものが出て、
充実したひとときです。やはり、いつもこうして指導いただけると、
少しはうまくなりそうですが…。

盛んに「うまくなった」とほめてくださる西澤先生。
表現力がついたとすれば、やはり西澤先生のご指導の賜物です。

…ただ、団内ではすぐに注意をされてしまうruは、下手だと
言われ続けて来ましたので、うむむ…。
実際のところ、なかなかうまくはならない、が実感です。

それはさておき、
きょうの練習は高校生ソプラノふたりが来ましたし、新団員の
H原さんが若いので、かなり声が若い。それに比べてアルトの
「おばちゃんたちの声をよく聴いて」…と西澤先生。こらこら。

ドスがきいてる…かもしれないアルト??

一方、ふたりで必死で歌うテナー。
力強いN田さんの助っ人が加わって、バスは音量がかなりなものに。

バランスが壊れてしまい、「もっと出して」と言われて、四苦八苦のテナー。

「それじゃあ、やっぱり、T留さんがテナーに戻るべきでは?」と、
バスからテナーに移動する団長。どっちもできるのだからすごいですね。

少ない人数なので、ひとりひとりが精一杯歌わなければ、音量が
出ないフリューゲルコールですが、その中身も声の若さとか音量が
きちんとバランスがとれているわけではないので、総合的に
バランスよく歌うというのは、本当に難しいものだと思います。

歌うほどに表現の難しさを感じる…のは、深いところを目指すように
なるからでしょう。西澤先生のご指導を受けていると、木が美しく
のびやかな彫刻をほどこされて行くようなイメージがあります。

しかし、個人的なことですが、ruはフリューゲルの練習参加が
次第に困難な状況になりつつあります。

フリューゲルブログも危うし…!?

練習曲/「白いうた 青いうた」から 「ぶどう摘み」
「ちいさな法螺」「なぎさ道」(新実徳英作曲 谷川雁作詞)

参加者
sp  Eひろみちゃん JUNKOさん AKIKOさん H原さん AZU&HAZU 
alt  副団長 SHIMOさん K園さん ru   
ten Tマネ YUさん
bas 団長 M竹さん N田さん

指揮・指導 西澤先生 ピアノ N村さん
[PR]
by flugelchor | 2006-10-21 23:35 | 練習のご案内

◆10月14日(土) 19時~21時 城西公民館

きょうは無事に西澤先生にお会いできました(苦笑)。

やはり、先週はTマネの勘違い。ご都合が悪かったそうです。
…でしょうとも! 
11月7日は土曜日ではありませんからー、残念っ。

と、かなり古くなってきたギャグですけども。

また、先週、来てくださったおふたりがまたいらしてくださいました。

ソプラノのH原さんはともかく、バスのN田さんは付き添いだけで、
あとはいらしてはくださらないと思っていましたから、うれしい誤算。

久しぶりの男性団員強化できました。

アルトに入ってくださったK園さんと3人、新メンバーさんがいらっしゃるだけで、
少ない人数ですから、本当にうれしくありがたい思いです。

きょうはアルトも珍しくフルメンバー5人がそろいました。
いつも少ないので、5人いれば、かなりのものです。

ソプラノさんは最近は最も人数が多いのですが、本日も6人。
高校生ふたりが来てくれたら、8人というところでしたが。

男性はYUさんとM竹さんがお休み。
先週、西澤先生がいらっしゃると聞いていて、先週来て、
今週はこれないというスケジュールになったYUさん。
「わかっていたら、逆にしたのにー」だそうでした。

西澤先生のご指導はほんとに久しぶりです。

かれこれ4か月ぶりでしょうか。

いつものことながら、私たちをリラックスさせながら、やる気を
出させてくださせて、高めてくださるご指導には感服です。

いらっしゃらないときの練習は、あまりに時間が経つのが遅く、
途中で疲れを感じてしまうほどですが、いらっしゃると、かぜん、
練習に張りが出て、あっという間に時間も過ぎてしまいます。

「楽しいし、ユニークなご指導ですね」と新人さんからの感想。

「どうして、いつも来ていただけないんですか?」との質問も。

本当に毎回、来ていただければ、力もつくのではないかと
思うのですが…。思うに任せないところですね…。

「白青フェスティバル」の曲もぐっと楽しく歌えるようになりました。

昨年、参加した感想としては、新実先生は作曲家らしく、
演奏を楽しんでもらうということが一番と考えていらっしゃるようで、
歌のうまさとかではなく、いかに楽譜を自分たちなりに工夫し、
楽しく演奏するかということを評価しているご様子でした。

ですから、二部の楽譜も楽譜通りにソプラノだから上、アルトだから
下を歌うということはさせず、どちらも歌えるようになさっていました。

「低いほうの人たちだって主旋律を歌いたいでしょ? いつもあーだの
うーだのとか歌詞がなかったりするの、つまらないでしょ?」と
おっしゃっていました。

だから、楽譜が分かれていても、みんなで一緒に主旋律を歌ったり、
男性だけが歌ったり、女性だけが歌ったり、いろんなことを試して
いらっしゃったのが印象的でした。

「谷川さんは天才」と、「どの言葉も難解なことばは一句も使って
いないのに、まったくわからない世界があるのが不思議。
あえて、イメージを固定せず、自分たちの想像力でイメージして
ほしい」とも。

「子供たちに向けての歌詞だと、空がきらきら光っている…
みたいな単純なイメージのものしか書いてくれる人がいなかった。
そこに谷川さんり歌詞はまるで違うものを生み出した。
あれだけのものが書ける人はいないので、ほかの人と組んで
やるつもりはないのです」とか。

また、打楽器やピアノ以外の楽器を使うことにも積極的でした。

昨年は、小学校の団体でタンバリンをもののみごとに使いこなして
いた女の子がいて、それはしきりにほめていらっしゃいました。

フリューゲルはどんな工夫ができるのでしょうか。課題ですね。

練習曲/「白いうた 青いうた」から 「ぶどう摘み」
「ちいさな法螺」「なぎさ道」(新実徳英作曲 谷川雁作詞)

参加者
sp  ひろみーず JUNKOさん AKIKOさん SHIMAさん H原さん 
alt  副団長 KCoさん SHIMOさん K園さん ru   
ten Tマネ 
bas 団長 N田さん

指揮・指導 西澤先生 ピアノ N村さん 
[PR]
by flugelchor | 2006-10-14 23:35 | 日々の練習日記

◆10月7日(土) 19時~21時 城西公民館

仕事が忙しくて、すっかり更新のことが頭から飛んでました。

見に来てくださった方、ゴメンナサイ。

団長も副団長もお休みと聞いていたので、西澤先生が
早くいらしたらいけないと思って、急いで行って、
来ていたTマネと、会場作りをしました。

すると、Tマネがうしろに席を三つ作りました。
「どうしたんですか?」と聞くと、
「きょうは見学者が来るから」とのこと。

「こういう姿勢がないから、入団に結びつかない。
こういう姿勢でお迎えすることを大切にしないと」
「…はあ…??」

ちょっと意味がよくわからないんですけど(笑)

そんな遠い場所でなく、見学の方はもっと近いところに
座っていただいた方が、親近感が湧くと私は思いますが…。

見学者は若い女性の方と、年上の男性の方。

男性の方は団長と同じ別の合唱団にいらして、女性の方とは
職場が同じで、「入団したいと相談されたので連れてきた」と
おっしゃっていました。

男性の方は以前にフリューゲルにもいらしたそうです。
というわけで、バスになかば無理強いして座っていただき、
女性の方はソプラノの中に。

…Tマネの思いを込めて設置したイス、役にたちませんでしたね。

ソプラノがたくさんいらしてうらやましい。
アルとはKCoさんとたったふたりでした(寂しい)。

そしてそして、西澤先生がいらっしゃると思って張り切って
いたのに、一向にいらっしゃいません。

急にお休み? みんながっかりです。

団長か副団長に問い合わせてみたら…とすすめたのですが、
Tマネ、躊躇していて、もういらっしゃらないといった時間に
なって「そういえば7日が都合が悪いって言っていたけど、
11月のことだと思っていた。きょうのことだったのかな?」と。

11月7日は土曜日ではないのですけどもー?
来週こそはお願いいたします。

練習曲/「白いうた 青いうた」から 「ぶどう摘み」
「ちいさな法螺」「なぎさ道」(新実徳英作曲 谷川雁作詞)
「この木何の木」(慰問用練習曲)

参加者
sp  Kひろみちゃん JUNKOさん SHIMAさん AZU&HAZU(高校生) 
alt  KCoさん ru   
ten YUさん Tマネ 
bas M竹さん  見学者…お二人

ピアノ N村さん
[PR]
by flugelchor | 2006-10-12 02:26 | 日々の練習日記

◆9月30日(土) 19時~21時 城西公民館

きょうもKSさんが一番はやく来てくださっていて、
会場づくりも完了していました。

ありがとうございます。

フリューゲルの面々は、だらだらと来ることが多く、
申し訳ない限りです。

私もいつも一番乗りでしたが、最近は母のこともあるので、
つい遅れがちで反省です。

Tマネが来ていないようでしたので、受け付けで手続きをしていたら、
「タシロさん、どうしたの?」と聞かれました(←本名、書いてるし)。

「いつも早いのに来ていないからどうしたのかなと思って」
だそうです。…たまには、デートでしょうか(笑)

なんて、勝手に言うわけにもいかないので、
「お仕事で遅れることもたまにはあるようですから」と
言ってると、団長がいらして、
「タシロくん、今日お休みだって言うから、早く来たんだよ」
だそうでした。

お休み中だった女子高校生たちが来てくれて、ちょっと
元気が出たフリューゲルの練習です。

若いってスバラシイ?

楽譜だけはTマネが前日に届けてくださっていたので、
きょうからはちゃんとした楽譜で歌います。

団内指揮者でもあるTマネがお休みということで、
音取りが中心。新曲の「なぎさ道」は音がとりやすいので、
比較的、簡単に音取りは完了です。

団長が風邪を引いて、バスの音取りがしやすいそう(笑)
引き続き、 「ぶどう摘み」「ちいさな法螺」も練習して、
「しろあお」参加の音取りはとりあえずできました。

あとは、西澤先生のご指導をいただくことに。
来週から先生が来てくださる予定です。

パールランドの土曜ロビーコンサートの音取りも同時に
進めて行く予定です。
ご参加、お待ちしてまーす。

練習曲/「白いうた 青いうた」から 「ぶどう摘み」
「ちいさな法螺」「なぎさ道」(新実徳英作曲 谷川雁作詞)

「この木何の木」(慰問用練習曲)

参加者
sp  ひろみーず JUNKOさん AZU&HAZU(高校生)
alt  副団長 KCoさん KSさん ru   
ten お休み
bas 団長、M竹さん

ピアノ N村さん
[PR]
by flugelchor | 2006-10-01 23:19 | 日々の練習日記