<   2006年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

田中信昭先生のレッスンを振り返る

宝山ホールでの田中先生のレッスンの覚書

○ポイント○
・少しでもはずれた音程があると雑音になる。
・すべての人が音程を合わせると、クリアで美しい音になる。
・音程を合わせるためには、「見る」こと。
・「見る」ことで音が聞こえてくる。
・逆に指揮者ではなく、お客様を「見る」ことで気が伝わる。

【「紅葉」の練習から】

前奏のピアノ…
すてきなピアノでしょう? だから、よく聞いてみましょう。
ゆったりと流れて来る水の面を赤や黄色の葉っぱが流れて
いくさまになっているよね? だから、その歌にして。

歌いだし「秋の夕日に」…音程が悪い。低くなるので気をつけて。

今、出している音をよく聞いて。いち音いち音の音程が悪い。
最初の音が合っていたとしても、今の出している音を気を抜かない。

そうやって気をつけると、音がすぐに変わるでしょう?
変わったときの音はとてもきれい。
それは物理現象で、宇宙が決めたことなの。

どんなにいい声の人が歌っていたとしても、音が合っていないと
汚くなるものなの。

ピアノの鍵盤をいっぺんにばあーんっと弾いたらどんな音になるか、
知ってる? テレビの放送が終わると、白い画面でしゃーっと音がする
でしょう(砂嵐)? あの音になるの。白い音。白色雑音。

絵の具を全部まぜると、どういう色になると思う?
真っ黒になるでしょう?

だけど、丸い円盤に赤橙黄緑青藍紫、赤橙黄緑青藍紫ってのせて、
円盤をぐるっとまわしてみると、白くなるの。
舞台で赤のライト、黄色のライト、青のライト、いろんな
色のライトを当てると、白くなる。

だから、みなさんがちょっとはずれた音、少し高い音、だいぶはずれた
音をそれぞれに出すと、しゃーっと白い雑音になるんです。

(ソプラノ、最後の「ああーあああ」のところで)
これはどういう歌ですか? そういう歌ですか?
私には嘆いているように聞こえるんですけど。
最後の音程の悪い人が嘆きに音楽に変えちゃってますよ。

みんなピアノを見て。
見ると聞こえてくるでしょ?

オーケストラなんかを聞いていても、ひとりひとりの音は埋没している
ように思えるけど、ある人に注目すると、
その人の音が聞こえてくるでしょ? それと同じ。

見ると、よく聞こえてくるものなの

逆に伝えようと思っている人を見て歌っているときと、
見ないで歌っているときは届き方が違うんですよね。

横断歩道でたくさん人がいる中で知り合いを見つけて
どうしても呼び止めたいとき、一心にその人を「見て」
声をかけるでしょ?
見て言うと、その人に「気が行く」のね。
だから、その人は「気が付く」わけです。

演奏はお客に向かって「言う」わけ。

よく指揮者を必死で見て、一糸乱れずやっているけど、
(そういう演奏は)お客はぜんぜん置いてけぼりなの。
[PR]
by flugelchor | 2006-08-27 08:33 | 音楽雑記

◆8月26日(土)19時~22時 東混コンサート合同練習⑥

お盆休みとサマーナイト花火大会とが入ったおかげで、合同練習も
久しぶりな感じです。

きょうも鹿児島高校音楽室をお借りして、片倉淳先生のご指導です。
(じゅんちゃん、ネームプレート忘れてました)(←顔パスですけどね)

幾分、いつものじゅんちゃんと比べると、元気がないご様子。

さもありなん、です。

昨日25日(金)はNHK学校音楽コンクールの九州ブロック大会。

鹿児島大会で堂々金賞受賞の鹿児島高校音楽部。
アクロス福岡シンフォニーホールで参加校数36校(小学校13校、
中学校14校、高等学校9校)の出場した大会に出演。

私も個人的に結果に期待していたのですが、残念ながら、惜しくも
……「銅賞」でした。むむむ無念っ(涙)。

金賞は宮崎学園高等学校(チクショー!!)(ガラが悪くてすみません)

じゅん先生、鹿高音楽部のみなさん、本当にお疲れ様でした。
懸命に練習してきただけに、悔しかったことでしょうね。
(とてもとてもよくわかります。私も同じ思いをしましたから…)
                           ※雑談に続く?

さて、そういう訳ありの? じゅん先生のお話。
「いつも今日が本番だと思って練習しなさい。本番のときは、
豪華な練習だと思いなさい」
コンクール中にある先生がおっしゃった言葉だそうです。

たしかにそうですね。
俳優さんでも舞台に上がるときはすごく緊張する。
緊張しないということはできないけれど、そのときに
「あれだけ練習してきたのだ」ということがヨスガになると
聞いたことがあります。

本番をきちんとやれるのは、練習を徹底的にやったという
自信しかない。

あったりまえですけれど、これがなかなか。
1日3分ずつ、苦手なところを歌う。

できてますか? みなさん。
……できてません。すみません(こらっ)

フリューゲルコールはいつも練習不足で、こんなので
出場していいのかなーと、思っていたのですが、
今年は珍しく1月から練習してきた曲を合唱祭で歌うことが
でき、はじめて譜面なしで出場できたのです。

いつもは覚えようとしてもすでに時間がなかったのです。

まさに練習ありきでした。

いつもとは違う気持ちで出場できて、
こんなにうれしかったことはありません。

コールみやまの練習はあと1回ですが、集中してがんばりたいですね。

【きょうの大ウケのじゅんちゃん語録】

夕焼け小焼けの最後の最後、延々とのばすところで。

息の続く人は続けて、みんなで同じように最後までのばさなくても
いいと田中先生のご指導を受けたわけですが、

じゅんちゃんいわく、
「早々とお亡くなりになった方たちは、気づかれないように
お亡くなりになってください。で、生き返らないように」
みんな大爆笑でした。

こんなにお忙しいスケジュールの中のご指導だったのに、
最後の最後にさえた言葉で締めくくってくださるじゅん先生。

さすがでございました。私も高校時代にじゅん先生のご指導を
受けたかったですねー(高校のときの恩師は現役で
ご活躍中なので大きな声では言えませんが…)(笑)

練習曲/「唱歌の四季」三善晃編曲

参加者
sp  kひろみちゃん JUNKOさん SHIMAさん Nさん M米さん
alt  副団長 KCoさん ru   
ten  YUさん Tマネ
bas 団長  M竹さん

かなり個人的な雑談
[PR]
by flugelchor | 2006-08-27 03:43 | 日々の練習日記

南日本新聞に「コールみやま」の記事掲載

f0067922_13575535.jpg


8月2日の宝山ホールで行われた東混の田中信昭先生の指導の模様が
記事になり、13日付けの南日本新聞に掲載されていました。

これで、来場者が増えること間違いなしですね、みなさん♪

「音程が合わないのは自分が今出している音程を聞いていないから。ほかのメンバーを巻き込んで、良くしていこうという意識がない」

と、この練習中で最も大事なことばを拾っていらしたのはさすがでした。

しかし、片倉先生のご指導は9月に入ると、
本番までかなり間も空きます。ちょっと心配ですね。

練習録音を聞きながら、テンションを維持していかなくてはと思います。
[PR]
by flugelchor | 2006-08-20 14:04 | フリュニュース

8月19日(土)の練習の参加者は5人でした。

お盆明け、しかもサマーナイト花火大会の日に練習に来るような人は
いるのかしら…と思ったら、やはり…の結果。

団長、副団長、Tマネ、YUさんとruの4人。
せっかく来たのですから、「白青コンサート」の曲目の選定をすることに。
私たちが入団するより前に、「ぶどう摘み」をやったことがあるそうで、
「ぶどう摘み」と「小さな法螺」を候補としてあげることにしました。

2004年9月26日(日)鹿児島県文化センターで行われた
「第1回 白いうた 青いうた フェスティバル in kagomma」 。

今年、第3回になるフェスティバルにフリューゲルコールは出場する
予定です(と、言いながらまだ申し込みしてないらしい)(苦笑)、

このフェスティバルで演奏される曲はすべて「白いうた 青いうた」と
いう作曲家・新実徳英先生の曲に谷川雁さんが詩をつけた、
全部で53曲からなる歌集の歌を歌うものです。

子供たちから大人までの各合唱団が出場するほかに、
コールみやまと同じように、公募合唱団が結成され、
新実先生が直接指導をしてくださる機会もあります。

昨年、私(ru)は、公募合唱団の方に出演したのですが、
新実先生のお話や、通常練習の指導にあたってくださった
鹿児島大学の日吉武先生のおっしゃることをお聞きしていると、
このフェスティバルは、その菜の通り、お祭りで、
コンクールといった堅苦しさはなく、鎌倉の方では、
1000人もの参加者が歌うという、世代を超えて同じ歌を
歌う…まさに平成の唱歌で心をつないでいくことを目的とした
場のようで、うまく歌うより、楽しく歌うひとときでした。

今年はフリューゲルコールへもお誘いがあり、
一団体として出場する予定です。
コールみやまのみなさまも、フリューゲルコールと一緒に
出場しませんか? 歓迎いたします♪

練習曲/「ぶどう摘み」「この木何の木」

参加者
sp  出席なし
alt  副団長 ru   
ten  YUさん Tマネ
bas 団長
[PR]
by flugelchor | 2006-08-20 13:56 | 日々の練習日記

雪やこんこの「こんこ」ってなに?

">

今週末はお盆でコールみやまもフリューゲルコールも練習はお休み。

練習日記も更新する必要がないのですが、見に来てくださっている方が
いらっしゃるという、うれしい状況ですので、東混コンサート用の曲の
歌詞について、少し勉強してみようかと思います。

①雪やこんこ霰やこんこ
   降っては降ってはずんずん積る
    山も野原も綿帽子かぶり
      枯木残らず花が咲く

②雪やこんこ霰やこんこ
   降っても降ってもまだ降りやまぬ
    犬は喜び庭駆けまわり
      猫は火燵で丸くなる

私がこの歌で思い出すのは、小さいころに童謡のレコードや
童話と音楽が一緒になったレコードをたくさん買ってもらって、
小さなプレーヤーにかけて、いつも聴いていたシーンです。

その中にこの曲もあって、雪の中でうれしそうにかけまわる犬の
絵と、火燵でまるくなる猫の絵が動物好きな私の心をとらえて、
その絵を見ながら、この曲を聴いていました。

だれでもが間違えそうなのが、この「雪やこんこ」の部分を
「雪やこんこん」と歌うことではないでしょうか。
山陰地方では、しっかりと「こんこん」と歌い、歌詞もまた若干
違うそうですから、おもしろいですね。

文部省唱歌が伝わった時代にどんな先生によって、歌詞を変えて
子供たちに伝えたのか、エピソードがありそうですね。

「こんこん」と言うのは、もちろん、雪が降りしきるさまのことを
言いますが、あえて「こんこ」だとすれば、「こんこん」とは
あきらかに違う意図が感じられます。

で、諸説あるとしても「来ん此」(ここに来い=もっと降れ)と
いうのが有力なんだそうです。

もちろん、その意味だとしても、「こんこん」という
降りしきるさまを表現する言葉に重ねたというのは想像に
難くないところですが、「雪やこんこん」と言う意味なら、
「雪やこんこん降っている」という風に文章のあとがつながらないと
歌詞としては中途半端な気がしますので、
「雪や来ん此」=「雪よ降って来い」という歌詞なら納得だなと
いう気持ちがします。

が、さらに言えば、今回のアルトの「こんこんこんこ…」の掛け合いは、
言わずもがなの雪がふるさまであり、三善先生はそちらの意味合いで
とらえていらっしゃることは間違いないでしょう。

歌う気持ちの上では「雪やこんこ」のところは、どんどん降れ降れと
いった幼い子供の雪へのあこがれ、たくさん積ったら雪だるまが
作れるぞといったようなわくわくする期待感といったものを込めた
歌い方というのが大切なのではないのかと思います。

田中先生のご指導もこの曲ではがらっと印象が変わりましたよね。
リズムにきちんと乗る。大事ですね。

雪のようすを思い起こしにくい真夏ですので、雪のときの写真を
のせてみました。私の作った雪だるま…か、かわいいですか(汗)
[PR]
by flugelchor | 2006-08-11 00:36 | 音楽雑記

8月5日(土)19時~22時 東混コンサート合同練習⑤

今回で東混コンサートに向けての合同練習も5回めとなりました。

水曜日に宝山ホールで田中先生にご指導を受けたばかりですから、
少し参加者は少なめですが、それにしてもみなさん、とても熱心に
参加していらっしゃいました。

今回はまた、鹿児島高校の音楽室をお借りして、片倉淳先生の
ご指導です。と、教室の壁を見ると…、あら、あらら…。



そう、田中先生の貴重なあのことばが書かれているでは
ありませんか。さすがです。(上切れ、ごめんなさい)

そう。こういう日ごろの姿勢あればこそ、
第61回九州合唱コンクール鹿児島県予選 金賞 
九州大会へ出場決定

という結果にもつながったわけですねー。
おめでとうございます♪ パチパチパチパチパチ…

いつもお部屋をお貸しいただいてありがとう存じます。

というわけで、じゅん先生はご多忙でして、
9月に入るともう早くも本番前しか、みていただけないとか。
それなのに、19日はサマーナイト花火大会だからお休みとなりました。

それなのに(!!)フリューゲルは19日は練習することにしたそうなー。
あっぱれじゃのぅ? さもなくば、花火嫌い?

田中先生の練習で最後に「いくつかの合唱団が集まってらっしゃるん
でしょ?」との問いかけに、「公募だからほとんどみな初対面です」と
こたえると、「それじゃ、いつも、いい音楽活動をしているってことですね。
楽しみにしています」ということばをいただいたのですが、
終わられてからもおほめをいただいたそうです。

ほんとによくないと、はっきりと不満をもらされるそうなので、
今回はできがよいということですね。
それもひとえにじゅん先生のご指導のおかげですね、みなさん!!

と、声を大にしても、ほとんど読まれていないブログなのですけど。

しかし、これまたじゅん先生のおかげで、何人かの方がブログを見にきて
くださったそうです。ありがとうございます、じゅんちゃーん(こらこら)。

もう、団内でもまったく読まれていないのに、ブログを書き続ける
私って、もしかして、もしかして…マゾ? と思っていたのですが、
読んでくださる方がいらして、ちょっぴり報われました。

なにせ、このブログ、カウンターO。
もしくは1って日ばかりなんですよ(涙)
意味ないじゃーーーんっと、ひとり寂しく突っ込んでいたのです。
(↑このような若者言葉を使うおばちゃんでごめんなさい)

そう、こんな無駄な努力、もうやめようかと、何度も思ったのですが、
コールみやまの方が2人でも3人でも読んでくだされば、
一気に今までの2倍、3倍ってことに…(書いてて涙がぁぁぁ)
東混が終わるまでは続けてみようかと、消極的継続宣言して
みたりするのでした…?




ネタに困るといけないので、本日もカメラ持参。

カメラを向けると、「あれにうつるとブログにのせられるんだー」と
勝手にモザイクをいれられてしまいました」…ふ、ふんっ。
ブログも読んでくれないくせに、ネタの協力もしてくれない、
フリューゲルの団員はなんでこう、冷たいのでしょうかぁぁ(さめざめ…)

夕日に向かって…、
せーの、「フリューゲルコールのバカぁぁぁーっ♪♪」
(一応合唱団員なのでリズミカルに叫んでみました)

ちゃんとこちらを見てくださっているのは、もちろん団員ではありません。
ブログも見てくださったという、アルトのおふたり。感謝でーすニタ゚。
フリューゲルコールに入っていただけると、さらに感謝(笑)

脱線して失礼しました。
本日の練習は、水曜日のおさらい会。

合わないときは合わせる相手を見る。ピアノ、他パート。
バラバラに歌っていても、先生に指摘されると、ぱっと、
声が変わるのがすごいなーと感心します。

自分では気持ちを変えても声が変わっているところまで
把握はできないのですが、「聴く」「見る」ことをかなり意識して
練習しました。

フリューゲル単独の練習でもいかしたいと思います。
じゅん先生、本日もありがとうございました。

参加者
sp  JUNKOさん AKIKOさん 高校生2人
alt  副団長 ru 
ten  Tマネ YUさん  
bas TT団長 M竹さん以上…10人

[PR]
by flugelchor | 2006-08-06 01:42 | 日々の練習日記

◆8月2日(水)19時~21時 東混コンサート合同練習④  

今夜は緊張の宝山ホール第1リハ室で東混・田中信昭先生の
指揮、指導を受ける合同練習の日です。

「早めにきちんとそろいましょう」ということで、18時半には
そろうようにということで、ruも時間厳守を目指しましたが、
ややこしい原稿が来て、出るに出られず…ピキピキとなりつつ、
後は人任せで飛び出して来てしまいました(ひんしゅくruさん)。

第一リハ室におりようとすると、M社の方たちが「あ、Uさん、
おつかれさまです」と声をかけてこられました。…取材でしょうか?
焦っていたので、頭だけ下げてダッシュです。

19時前には滑り込みできましたが、
しんと静まりかえっていたので、おそるおそるのぞくと、
あらら、みなさんそろっています。スゴイ。




片倉淳先生の指揮で「おぼろ月夜」で声慣らししたところで、
田中信昭先生のご登場。白いお帽子がカッコいいです。



どきどきの第一声は男声からなので気が楽。
最初が肝心。かんばってねーなどと祈る?

緊張感はかなりありましたが、田中先生のご指導は考えていた
ほどの「恐ろしさ」はありませんでした(何をイメージしてたの?)
にこりともなさらないけれど、笑わせてリラックスさせようとして
くださるのです。ほっとしました。

いただいた大切なことばをご紹介しておきます。
音程が合わないと、テレビの砂嵐と同じ、うるささ。
では、音程が合わない理由とはなにか…。

「自分が」「いま」「出している音程を」「よく聴いていない」から。

キーワードは特に「いま」が大切で、最初に出した音程が合って
いたとしても、2拍め、3泊めでは合っていないということは
当然、あるので、ちゃんと「いま」出している音を確認し続けることが
音程をそろえることで最も大切なこと、だそうです。

そして、指揮者を見るな、指揮者の言ったとおりのことをするな。

指揮をみて、みんながせっせときちんとあわせることだけを
目的のように考えている合唱団もあるけれど、そういうのは
お客様には伝わらない。指揮者ではなく、観客に向けて
歌を届けるようにしなければならない。

先生の言った通りのことをするということは、言わなかったことは
しない、ということ。すべてを言い尽くすことはできないので、
それぞれが責任を持って自分が伝えたい歌をつくりあげる必要がある。

合唱の中で大切なことは、自分が両どなりの人をよりよく歌わせる
ことができるような歌い方をすること。そういう人がたくさんいる
合唱団はすばらしい。

たくさんのことばをいただきました。
2時間はあっという間でしたが、とてもいい勉強になりました。
田中先生、本当にありがとうございました。

さて、練習途中の中休み。団長が走ってこられて、
「ブログ、片倉先生が見てらっしゃるみたいだよ」と報告が
ありました。……なんですとーーーっ??

こんな辺鄙な人の来ないブログに片倉先生がおでましになるとは、
ru、不覚でございました~(汗)。

さらに、注意事項がありました。

先生のことを「じゅんさん」と呼んでいいのは、奥様だけだそうです
えー、じゃあ、なんておよびすれば?

「じゅん」

…もしもし? 呼び捨てにするたあ、さらにおこがましい。
せめて、「じゅんちゃん」あたりで…?

というわけで、じゅんちゃんの写真も撮っちゃいました。

ボケているのは、緊張のあまり、手が手が…(謎)

参加者
sp ひろみーず JUNKOさん AKIKOさん SHIMAさん 高校生2人 KOYAさん Mさん
alt  副団長 Kcoさん SHIMOさん ru 
ten  Tマネ YUさん  
bas TT団長 M竹さん以上…17人

[PR]
by flugelchor | 2006-08-02 23:55 | 日々の練習日記

夏のお疲れ会(宝山ホール合同練習の打ち上げ?)

さて、本日は練習のあと、団員懇親会も開きました。

宴会係ruが以前から目をつけていた東郵便局横の「遊膳やまもと」です。
安いし、なかなかおいしいと聞いていたので、合唱祭の打ち上げもここに
したかったのですが、日曜日のために断られたところでした。

きょうは平日ですし、空いているだろうし、何しろもう9時を過ぎているので、
宝山ホールからたくさん移動しなくてすむところがメリット。

「えーっ、おじさんが行くとこじゃないのー」とJUNさんにだだを
こねられましたが、「おばちゃんはもう疲れて歩きたくねーだよ」と
言い聞かせて? 向かいました。




お料理はこんな具合。
①突き出し②豆腐とお肉のサラダ③スープぎょうざ
④鶏肉の唐揚げサラダ⑤ゴーヤチャンプルー⑥串揚げキャベツ
⑦ちらしずし

これに飲み放題がついて2000円です。安い~~っ。
お料理もなかなか安いのにヘルシーに工夫してあります。
雰囲気もいいし、器も気を遣っていて、値段以上のところでした。
宴会係りの読みは正しかったようです~♪




田中先生の指導にオーラを感じて感動したといった感想も聞かれた宴げ、
2時間、午後11時で、さすがに二次会もなしできょうは解散でした。
みなさん、おつかれさまー。

参加者 団長、副団長 JUNKOさん ひろみーず SHIMAさん M米さん
KCoさん M竹さん ru 以上10人

[PR]
by flugelchor | 2006-08-02 23:50 | 団員懇親イベント