<   2006年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

6月11日(日)県合唱祭に参加してきました~♪

さて、年1回の県下で活動する合唱団のみなさんとお会いするイベント、
「合唱祭」に参加しました。

今回はフリューゲルは会場のお手伝いだったので、8時45分に集合。
副団長とK子さんとruの3人はドアガールのお役目。
開場前まで、バタバタとプログラムに入れるチラシをみんなで
入れましたが、途中で時間切れ。
「来年はこんなことのないように」とI先生がお怒りモードでした。

毎年、この日は学校行事の日が重なり、ほとんどの親御さんである
メンバーさんたちが朝から参加されないので、
独身者のruは朝からプラカードを持って出場し、応援メッセージを
書きまくり、しているのですが、今年は係りなので、見ることはもちろん、
ちゃんと聴くこともできず、です。

プラカードはakikoさんが来てくださり、応援メッセージはyuさんが
がんばって書いてくれ、今年はなんとかしのぎました。

若い独身者がもっといたときはなんとかなっていたのに、
今年はほんとにいなくなりました。

高校生おふたりは別としてですが…。

高校生たちはほかの高校の演奏を聴くこともなく、
出演時間近くになって現れと聞いて、ちょっと残念。

合唱が好きでフリューゲルにも参加してくれているんだろうなと、
思うのですが、今の子供たちの反応はどうもいまひとつ、
おばちゃんたちにはわかりません。
とにかく、続けてほしいなと願ってはいますが…。

ただ、お母さんたちおふたりがプリンを差し入れに来てくださって、
あいさつしてくださったらしく、その点ではご理解はいただいている
んだなあと、かなり安心しました(ほっ)。

さて、というわけで、ほとんど聴けなかったruは他団体の
リポートができないわけですが、私たちの出番は午後5時。
こんな時間ははじめてです。

みなさんもかなり疲れている時間。
ちゃんと聴いていただけるでしょうか。

それに、リハーサルで、大問題発生。西澤先生が「光が」を
テンポを速めるとおっしゃるのですが、それを時間切れで
練習できなかったのです(不安)。

そして、案の定…。ズレました。見事に(汗)(立ちくらみ…)

まあ、なんとか「空とぶうさぎ」は練習通り、懸命に心を伝える
演奏を行って、それについては満足できたのですが、
西澤先生には、「よかった…とは言えませんね」と
ダメ出しをいただきました(当然ですね)。

でも、「空とぶうさぎ」はみなさんに届いた気がしました。
前列の方たちの顔がとても感動している顔で聴いてくださって
いるのが目で見てとれたのです。

十分ではなかったとは思いますが、フリューゲルとしては
今までの演奏と比べ、格段の進歩だと思います。

みなさん、本当におつかれさまでした。ほっとひと安心ですね。

参加者/sp ひろみーず JUNKOさん akikoさん 
SHIMAさん 高校生…7人
alt  副団長 K子さん ru 
ten  Tマネ YUさん 
bas  TT先輩、M竹さん以上…14人

指揮/西澤先生 ピアノ/N村さん

More
[PR]
by flugelchor | 2006-06-11 23:09 | 合唱団イベント

6月10日(土)はいよいよ本番前日の練習です。

練習日記をご覧のみなさま、こんにちは。

さて、きょうで合唱祭の練習も最終回。
あとはあすの本番を残すのみです。

というわけで、追い込みの西澤先生のご指導でした。

いつもに比べるとかなり完成度が高い。
何しろ楽譜を持たずして会場に上がるのははじめでです。

ちょっと感動…。

とてもあたりまえのことですが、これまでは曲が決まるのが
ぎりぎりで、数回練習して未消化のまま、音取りがなんとか
できている、という程度だったのですから、恥ずかしい限りです。

「空とぶうさぎ」はかなり歌いこみましたが、「光が」がやはりかなり
バラバラの印象が拭いきれません。どんなものでしょうか。不安です。

参加者/sp ひろみーず JUNKOさん akikoさん SHIMAさん 高校生…7人
alt 副団長 K子さん ru ten Tマネ YUさん 
bas TT先輩、M竹さん以上…14人

ピアノ/N村さん

練習曲…「空とぶうさぎ」「光が」
[PR]
by flugelchor | 2006-06-10 23:59 | 日々の練習日記

6月3日(土)の練習は引き続き西澤先生のご指導です。

練習日記をご覧のみなさま、こんにちは。

さて、今週、来週とで合唱祭の練習も終わり。あとは本番です。

というわけで、追い込み、今週も西澤先生のご指導でした。

先週に引き続き、さらに細かく表現力の積み重ねを行いました。

結構、仕上がって、8時過ぎには「もういいですね」と先生がおっしゃるほど。
でも、もちろん、先生はそんな中途半端はなさいません。
辛いけれど、続けて練習を行いました。

あまり練習に参加してこなかった団員さん以外は、楽譜をはずしてもスムーズ。
こんな状態は珍しい気がします。

昨年もぎりぎりに曲が決まり、未消化のまま、もちろん、楽譜ははずせず、
表現は不足していました。

今年は「これまでのフリューゲルにはない仕上がり」と先生がほめてくださって、
ちょっとうれしい気分です。もちろん、本番では「走る」くせがありますので、
そのあたりがめちゃくちゃにならないか、心配ですが。
特に「光が」は、心配です。

「これだけの人数で、ものすごくよく声が出ている」とも。
「みなさんの思いがびんびん伝わってくる」とも。
こんな風にほめていただいたのは、はじめてかも(苦笑)。

指定なしのつもりだったステージ服も青の統一Tシャツを今年も着用と
なりました。せっかく持っているので、着た方がいいだろうということで。
ドレスなどをお持ちの団のみなさまとは格差がありますが、
まあ、私たちらしいかなという気がします。

さて、あと1回。がんばりましょう♪

参加者/sp ひろみーず JUNKOさん akikoさん SHIMAさん 高校生…7人
alt 副団長 K子さん SHIMOさん ru ten Tマネ YUさん 
bas TT先輩、M竹さん以上…15人

ピアノ/N村さん

練習曲…「空とぶうさぎ」「光が」
[PR]
by flugelchor | 2006-06-03 23:28 | 日々の練習日記