カテゴリ:合唱団イベント( 5 )

弟3回「白いうた青いうたフェスティバル in kagomma」

きょうは「白いうた青いうたフェスティバル in kagomma」の本番。

宝山ホール(鹿児島県文化センター)で開催されました。

フリューゲルは団長も副団長もほかのメンバーさんも来られない
方がたくさんいる予定だったのですが、最後の方にまわしていただき、
リハーサルは全員が揃いませんでしたが、本番は全員参加。

少ない人数のフリューゲルコールとして、これだけでも上々のできです。

参加団体が打楽器や、ちょっとした楽器を持ち込んで、
それぞれに工夫されていましたが、フリューゲルでは楽器を使わず、
代わりが、「小さな法螺」のパフォーマンス。うまくいくでしょうか。

広い会場では少し気後れ気味で、リハーサルではちょっと動きが
小さかった気もしますが、隣りや後ろが見えないので??な気持ち。

そして、いよいよ本番。
歌いだしに最も気をつけなさいと言われた「ぶどう摘み」は、
女声は結構うまく行きましたが、珍しく男声がちょっとバラついた気も。
あら~? といつも男声の安定感に信頼を置いているだけに
心の中では焦りつつも、曲は過ぎていきます。

軽やかに歌う「なぎさ道」はソプラノさんの花道。
邪魔しないように軽やかに歌います。

そして、いよいよ「小さな法螺」
西澤先生も実はフリューゲルの青ティーを着てらっしゃったのですが、
ぴっちりと上にチェックのシャツを着て見えないようにして、
それを脱ぎ捨てますから、その間に楽譜を下に置くようにとのこと。

何かなさる気では? と思いながら、見ていると、わざと脱げないと
焦っているようにして、そこでまずは観客の笑いを取り、さらに
脱ぎ捨てたシャツを大きく広げて置く(大風呂敷を広げるという
つもりだったそうです。さすがですねー)と、さらに観客から笑いが。

これで一気に会場はリラックスムード。

私たちの指ならしに手拍子も入れてくださって、私たちが、
何かやるんだなというのは伝わった感じ。
そして、こぶしを振り上げると、会場に笑いが…。

いい調子です。

まあ、歌ははずれ加減でしたが、できるだけオーバーアクションで
がんばった…つもり? です。

最後に寝ちゃったパフォーマンスにどっと笑いが起こり、
拍手も盛大にいただきました。よかったー。

新実先生からも「楽しいパフォーマンスありがとう」と言っていただき、
楽器なしながらも、どこの団体もやらなかったおもしろパフォーマンスが
会場受けしたことで、成功だったのではないかと思います。

「これはオリジナルのアレンジ?」と、新実先生のアレンジなのに、
新鮮に聞こえたようで、もしかすると二部版の方の曲を聴かれる
ことが多いので、四部構成は珍しかったのかもしれません。
その点でもよかったのかも。

これだけたくさんの曲を書いていらっしゃると、忘れますよね(笑)

「ぶどう摘み」は姶良町立少年少女合唱団の子供たちが演奏
した後だったので、「同じ曲を歌ってここまで違う曲になるのも
とてもいい楽しみ方ですね」とも言っていただきました。

で、終わろうとすると、ひとこと…と西澤先生。
「新実先生があこがれの存在。参加させていただいて光栄です」と。
ラブコール。新実先生は「打ち上げ、来ますよね? お話しましょう」と
楽屋裏のような会話が交わされて、なごやかムードです。

とにかく楽しいフェスティバルでした。

新実先生、すばらしい曲を楽しませていただき、
本当にありがとうございました。

みなさん、本当におつかれさまでした。
そして、実行委員のみなさま、お世話になりました。

YUさんはスタッフとして朝イチから大忙しでしたが、
しっかり、3回も舞台に出て歌っていました(苦笑)
明日は仕事でしょうから、打ち上げもほどほどにしろよー。
きっと盛り上がっていると思うので(個人的メッセージ)(笑)

打ち上げに行きたかったのですが、ruは認知症の母を抱えて
いるので、母がひとりでの留守番が難しくなりつつあり、
きょうも昼も一度は帰りましたが、幻覚がひどく、再度、
文化センターにもどっての本番も危ぶまれる状況でしたので、
打ち上げは当然、参加できず。とっても残念でした。

年内はなんとかフリューゲルの活動を続けていきたいと思いますが、
次第次第に厳しくなりつつあります。

公共の介護のサポートを受けられるように申請中ですが、
介護の問題は自分の好きなことも制限されるもので…。

好きなことを思いっきりできることの幸せを思います。
みなさん、楽しめるときに楽しんでくださいね。

今週末からは慰問用の練習がスタートです。
[PR]
by flugelchor | 2006-11-12 23:49 | 合唱団イベント

6月11日(日)県合唱祭に参加してきました~♪

さて、年1回の県下で活動する合唱団のみなさんとお会いするイベント、
「合唱祭」に参加しました。

今回はフリューゲルは会場のお手伝いだったので、8時45分に集合。
副団長とK子さんとruの3人はドアガールのお役目。
開場前まで、バタバタとプログラムに入れるチラシをみんなで
入れましたが、途中で時間切れ。
「来年はこんなことのないように」とI先生がお怒りモードでした。

毎年、この日は学校行事の日が重なり、ほとんどの親御さんである
メンバーさんたちが朝から参加されないので、
独身者のruは朝からプラカードを持って出場し、応援メッセージを
書きまくり、しているのですが、今年は係りなので、見ることはもちろん、
ちゃんと聴くこともできず、です。

プラカードはakikoさんが来てくださり、応援メッセージはyuさんが
がんばって書いてくれ、今年はなんとかしのぎました。

若い独身者がもっといたときはなんとかなっていたのに、
今年はほんとにいなくなりました。

高校生おふたりは別としてですが…。

高校生たちはほかの高校の演奏を聴くこともなく、
出演時間近くになって現れと聞いて、ちょっと残念。

合唱が好きでフリューゲルにも参加してくれているんだろうなと、
思うのですが、今の子供たちの反応はどうもいまひとつ、
おばちゃんたちにはわかりません。
とにかく、続けてほしいなと願ってはいますが…。

ただ、お母さんたちおふたりがプリンを差し入れに来てくださって、
あいさつしてくださったらしく、その点ではご理解はいただいている
んだなあと、かなり安心しました(ほっ)。

さて、というわけで、ほとんど聴けなかったruは他団体の
リポートができないわけですが、私たちの出番は午後5時。
こんな時間ははじめてです。

みなさんもかなり疲れている時間。
ちゃんと聴いていただけるでしょうか。

それに、リハーサルで、大問題発生。西澤先生が「光が」を
テンポを速めるとおっしゃるのですが、それを時間切れで
練習できなかったのです(不安)。

そして、案の定…。ズレました。見事に(汗)(立ちくらみ…)

まあ、なんとか「空とぶうさぎ」は練習通り、懸命に心を伝える
演奏を行って、それについては満足できたのですが、
西澤先生には、「よかった…とは言えませんね」と
ダメ出しをいただきました(当然ですね)。

でも、「空とぶうさぎ」はみなさんに届いた気がしました。
前列の方たちの顔がとても感動している顔で聴いてくださって
いるのが目で見てとれたのです。

十分ではなかったとは思いますが、フリューゲルとしては
今までの演奏と比べ、格段の進歩だと思います。

みなさん、本当におつかれさまでした。ほっとひと安心ですね。

参加者/sp ひろみーず JUNKOさん akikoさん 
SHIMAさん 高校生…7人
alt  副団長 K子さん ru 
ten  Tマネ YUさん 
bas  TT先輩、M竹さん以上…14人

指揮/西澤先生 ピアノ/N村さん

More
[PR]
by flugelchor | 2006-06-11 23:09 | 合唱団イベント

城西公民館文化祭に出演

f0067922_2249921.jpg


f0067922_22512579.jpg

3月5日(日)は、いよいよ本番。

いつものように公民館となりの公園で事前練習でスタートです。
うらうらとあたたかいいい日和になってよかった。
雨の日は練習場所がなくて、四苦八苦します。
公園内はほかの団体が練習する姿も見えて、
こちらも懸命に歌います。

公園で歌うと、自分たちの声もかき消されてしまいます。
西澤先生に、
「みなさん、歌ってるんですか? ちっともきこえませんよ」と
言われて、必死で声を出しますが、これが大変。

女子高生のふたりもちゃんと来てくれました。
制服を着ている姿に、
「私たちは高校生なのよって言いたいんだね」と、
勝手な妄想? を語っているおじさんがいました(だれのこと?)
そんなことを思って着てきたのではないと思いますが、
まあ、たしかに制服を着ていないと、年齢はわかりにくい
ことがありますね。

逆に、少年少女合唱団に大人が混じって演奏していたのを
見かけたこともありますし…(これには驚きましたが)
無理がありますね、あれは。

そうこうしているうちに、11時が出番の私たちは、
すぐに出番がやってきます。
そして、演奏。会場いっぱいの方たちが、2曲だけの演奏ですが、
とても真剣にきいてくださっている姿が見えました。
やっぱり、多くの方に聴いていただけるのは、
本当にうれしいひとときですね。

先生にも「走ってしまってあわてたところもありましたが、表現が
今までよりも格段によかった」と言っていただけて、ほっとしました。

出場はしなかったT宴会部長が、
とってもかわいい彼女さんを連れてやってきてくれました。
会場に来るなら、参加したらよかったのにね…。

で、記念撮影でーす。
歌っている写真は公民館の記録係りの方が撮影してくださっているので、
また、それが手に入ったらアップしたいと思います。

出番が終わった団員は帰宅しましたが、午前中から舞台係を
つとめている副団長のサポートに私(ru)も入りました。
ピアノや舞台の階段の出し入れ、いすの片付けなどを行い、
最後は広い体育館の片付けまで行いましたが、
こ、これは重労働~ですね。
ひたすらいすを運び、ソファを運び、シートを片付け…。

ほとんどが女性、しかも私たちより年配の方ばかり。
こんな状態で運営されているんだなあと、びっくりです。

いままで、団長に甘えてしていただいていたのですが、
若い男性の団長はとても重宝されていたことだろうと(笑)、
思ったりしたのでした。

とりあえず、イベントが終わるとほっとしますね。
みなさま、本当にお連れさまでした。
[PR]
by flugelchor | 2006-03-12 22:57 | 合唱団イベント

昨年のパールランド病院ロビーコンサートから

先日、フリューゲルコールが病院などに合唱の出前コンサートを
しますと、書かせていただきましたので、そのときの曲目なども
ご紹介しておきます。

ボランティアをご希望の施設等のご担当者さま
ご参考までにどうぞよろしくお願いいたします。

☆パールランド病院土曜ロビーコンサート☆
05年11月26日(土曜日)午後3時~4時の60分間
鹿児島市犬迫町にあるパールランド病院では、
毎週土曜日の午後、ロビーでのコンサートをなさっているそうで、
はじめて呼んでいただきました。

みなさま、ききなれた様子で、こちらもちょっぴり緊張。
1時間の長さでしたので、途中で大型絵本とパネルシアターの
公演もはさんで、歌だけで飽きないように工夫しました。
ちゃわんむしの歌・創作踊り?も初「披露」…。
見たら「疲労」した、なんていわないでくださいね(笑)

演奏曲目
● オープニング(ごあいさつの歌)
1 うたごえたからかに(団歌)
2 歓迎の歌         
● 外国の愛唱歌
3 夢路より
4 おおスザンナ             
● 日本の愛唱歌
5 冬のメドレー
6 叱られて                
● 鹿児島の民謡、わらべ歌 
7 ちゃわんむしの歌(創作踊りつき? アルト踊り隊)
8 南日本のわらべ歌風土記
9 鹿児島おはら節(みんなで踊りましょう 有志踊り隊)  
● 南の島の唄
10 ようかい(種子島)
12 だんじゅかりゆし(沖縄)         
●歌謡曲その① 
13 島唄
14 涙そうそう               
●歌謡曲その②懐メロ
17 お祭りマンボ
18 上を向いて歩こう           
● エンディング
19 ふるさと 

パールランドさま、また、呼んでくださいね。
本当にありがとうございました。

パールランド病院さまのロビーコンサートHPです。
http://www.pearlland.or.jp/lobby.htm/
[PR]
by flugelchor | 2006-02-19 22:31 | 合唱団イベント

3月5日(日)は城西公民館文化祭に出演します。

近々のイベント出演は城西公民館の文化祭出演です。

3月5日日曜日に城西公民館の体育館の演目に、
フリューゲルコールは、午前中に出演予定です。

どうぞお近くのかた、また合唱好きな方はお出かけいただいて、
私たちの演奏をきいてくださいね。お待ちしています。
演奏曲目は「さくら(独唱)」と「お祭りマンボ」です。
あっという間に終わってしまうので、おききのがしなく(笑)
[PR]
by flugelchor | 2006-02-12 23:16 | 合唱団イベント