城西公民館文化祭に出演

f0067922_2249921.jpg


f0067922_22512579.jpg

3月5日(日)は、いよいよ本番。

いつものように公民館となりの公園で事前練習でスタートです。
うらうらとあたたかいいい日和になってよかった。
雨の日は練習場所がなくて、四苦八苦します。
公園内はほかの団体が練習する姿も見えて、
こちらも懸命に歌います。

公園で歌うと、自分たちの声もかき消されてしまいます。
西澤先生に、
「みなさん、歌ってるんですか? ちっともきこえませんよ」と
言われて、必死で声を出しますが、これが大変。

女子高生のふたりもちゃんと来てくれました。
制服を着ている姿に、
「私たちは高校生なのよって言いたいんだね」と、
勝手な妄想? を語っているおじさんがいました(だれのこと?)
そんなことを思って着てきたのではないと思いますが、
まあ、たしかに制服を着ていないと、年齢はわかりにくい
ことがありますね。

逆に、少年少女合唱団に大人が混じって演奏していたのを
見かけたこともありますし…(これには驚きましたが)
無理がありますね、あれは。

そうこうしているうちに、11時が出番の私たちは、
すぐに出番がやってきます。
そして、演奏。会場いっぱいの方たちが、2曲だけの演奏ですが、
とても真剣にきいてくださっている姿が見えました。
やっぱり、多くの方に聴いていただけるのは、
本当にうれしいひとときですね。

先生にも「走ってしまってあわてたところもありましたが、表現が
今までよりも格段によかった」と言っていただけて、ほっとしました。

出場はしなかったT宴会部長が、
とってもかわいい彼女さんを連れてやってきてくれました。
会場に来るなら、参加したらよかったのにね…。

で、記念撮影でーす。
歌っている写真は公民館の記録係りの方が撮影してくださっているので、
また、それが手に入ったらアップしたいと思います。

出番が終わった団員は帰宅しましたが、午前中から舞台係を
つとめている副団長のサポートに私(ru)も入りました。
ピアノや舞台の階段の出し入れ、いすの片付けなどを行い、
最後は広い体育館の片付けまで行いましたが、
こ、これは重労働~ですね。
ひたすらいすを運び、ソファを運び、シートを片付け…。

ほとんどが女性、しかも私たちより年配の方ばかり。
こんな状態で運営されているんだなあと、びっくりです。

いままで、団長に甘えてしていただいていたのですが、
若い男性の団長はとても重宝されていたことだろうと(笑)、
思ったりしたのでした。

とりあえず、イベントが終わるとほっとしますね。
みなさま、本当にお連れさまでした。
[PR]
by flugelchor | 2006-03-12 22:57 | 合唱団イベント
<< 3月11日(土)は「空とぶうさぎ」 3月4日(土)は本番前日の練習... >>